いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

斑尾高原「かのやまテラス」で眺望と涼風を楽しむ/夏野菜収穫:百姓塾2018年8月

農的な田舎暮らしを体験できる飯山市「百姓塾」。今年4回目となる8月講座を4〜5日の週末に開催しました。

1日目は「斑尾高原で自然体験」がテーマ。この夏に斑尾高原にデビューした「かのやまテラス」に向かいます。

f:id:furusato-iiyama:20180809133239p:plain

斑尾高原から日本海が見えるかも⁉ リフトに乗って「かのやまテラス」へ

唱歌「ふるさと」で うさぎ追いし かの山~と歌われているのが、飯山市信濃町にまたがる斑尾山です。

冬はスキー客でにぎわう斑尾高原には、20以上ものトレッキングコースがあり、春から秋にかけては高原や森を歩いて楽しむことができます。

斑尾高原スキー場の4人乗りリフトに乗って「かのやまテラス」に向かいます(リフト料金は往復で大人 1,200円/子供 800円。10月28日まで営業予定。8月20日以降は毎週土日・祝日営業)。

 f:id:furusato-iiyama:20180809133300p:plain

リフトを降りると「涼し〜い!」

かのやまテラスがあるのは標高1,200メートル。下界の蒸し暑さを忘れさせてくれるさわやかな風が吹いていました。

絶景ポイントがいろいろ!

マップを見ると、千曲川や飯山の街並みが望める千曲川デッキや、日本海も望める日本海デッキなどがあるようです。これらをめぐる1周コースは約700メートルで、気軽に歩けそうな距離です。

f:id:furusato-iiyama:20180810092711p:plain

さらに登山道を登れば、北信五岳や北アルプスが望める絶景ポイントや、斑尾山頂までも行くことができるそうですよ。

 

今回ガイドをしてくれたのは門田美代子さん。25年前に飯山市に移住して、斑尾高原でペンションをやっていたそうです。現在は引退してトレッキングガイドなどをされています。

f:id:furusato-iiyama:20180809133351p:plain

この日は残念ながら空がうっすらとかすんでいて、日本海までは見えませんでしたが、なかなかよい眺めでリフレッシュできますね。

f:id:furusato-iiyama:20180809133548p:plain

あちこちに群生しているピンク色のヤナギランも華やかできれいでした。

f:id:furusato-iiyama:20180809133508p:plain

散策の途中で、ガイドの門田さんお手製のじゃがいものスイーツがふるまわれました。ハーブやお花が添えられてかわいらしい!

f:id:furusato-iiyama:20180809133613p:plain

抗菌作用のある笹の葉をカップにしてくるんであります。笹寿司や笹餅など、いいやまでは笹がよく使われていますが、こんな風にも使えるんですね。

この後 「まだらおの湯」に立ち寄り、夕食は百姓塾の畑で育った新鮮野菜をふんだんに使ってバーベキュー大会が行われました。

斑尾高原 関連リンク

斑尾高原体験交流施設 まだらおの湯 | 信越自然郷

じゃがいも、トマト、ナスに枝豆…雨不足の畑で夏野菜の収穫

f:id:furusato-iiyama:20180809133644p:plain

ここ1か月ほど、飯山ではまともに雨が降っていませんでした。畑の土はカラカラに乾燥して、歩くと土埃が舞うほど…。

そのおかげでちょっといいこともありまして、ジャガイモは土が落としやすく、らくらく収穫できました。

f:id:furusato-iiyama:20180809133700p:plain

茹でるとそうめんのようになることから「そうめんかぼちゃ」と呼ばれる糸瓜も収穫。ずしっと重いです。

f:id:furusato-iiyama:20180809133924p:plain

夏野菜の定番トマト、ナス、ピーマンをはじめ、枝豆やカボチャなども収穫。雨不足だった割にはよくできていました。収穫した野菜は参加者のみなさんで分けて持ち帰っていただきました。

f:id:furusato-iiyama:20180809134045p:plain

青竹を割るところからが「流しそうめん」がスタート!

畑作業の後のお昼ごはんは、夏の定番⁉「流しそうめん」です。事前に調達しておいた青竹をなたでふたつに割り、節を金づちで叩いて落とします。

f:id:furusato-iiyama:20180809134127p:plain

畑で使っている支柱で作った脚に乗せて完成。記念写真もそこそこに、さっそくいただきましょう!

f:id:furusato-iiyama:20180809134148p:plain

そうめんを流すのは冷たい湧き水。最初は大人もはしゃいで食べていたのですが、この日は暑すぎて早々に日陰に入り、流れないそうめんを食べる…という事態に。

 

以上、記録的な暑さの中、夏らしいイベントを楽しんだ2018年8月の百姓塾4第回講座レポートでした。

第5回講座は9月8日・9日、第6回講座は10月6日・7日の週末に開催されます。

詳しくは百姓塾2018年版プログラムをご覧ください。

 

長野県飯山市の移住定住サイト「飯山市ふるさと回帰支援センター」サイトはこちら

「森の家」で炭火をおこしてパン作りを体験:百姓塾2018年7月

農的な田舎暮らしを体験できる飯山市「百姓塾」。今年3回目となる7月講座を7〜8日の週末に開催しました。

今回はなべくら高原「森の家」で、炭火で焼くねじねじパンを作りました。

f:id:furusato-iiyama:20180718152336p:plain

アウトドアクッキング体験ができる、なべくら高原「森の家」

飯山市の北部にある、なべくら高原「森の家」は、宿泊できるコテージやブナの森の遊歩道などを備え、四季を通じて里山遊びやアウトドアアクティビティなどを体験できる施設です。

アウトドアクッキング体験プログラムのひとつ「炭火焼きパン作り」は子どもに人気とのことですが、大人もおおいに楽しめました!

教えてくれたのは森の家のスタッフの小林知規さん。1年ちょっと前に飯山市に移住してきました。以前は山小屋で働いていたこともあるそうです。

f:id:furusato-iiyama:20180718154815p:plain

パンの材料は、強力粉、ベーキングパウダー、バター、牛乳、そして塩、砂糖を少々。

材料をポリ袋に入れてこねてからバターを加え、かたまりが残らないようにさらにこねます。

f:id:furusato-iiyama:20180718155540p:plain

意外とポリ袋にくっつかず、いい感じのパン生地になりました。

小林さんによると、アウトドアクッキングなので、洗い物を少なく、手を汚さず、なるべくゴミを出さないで作る方法ということでした。なるほど。

炭火おこしも体験します!

パンを焼く炭火も自分たちでおこします。火をおこすのに15分ほどかかるので、その間パン生地を寝かしておきます。

森に落ちている枯れた杉の葉「すぎっぱ」を、炭に混ぜて着火。すぎっぱには油分があるので火が付きやすく、いい着火剤になるそうです。うちわであおいで空気を送り込みます。

f:id:furusato-iiyama:20180718160717p:plain

炭がいい感じに赤くなってきたところで、次は寝かせておいたパン生地を棒状にして、伸ばしながら竹の棒に巻き付けていきます。竹の棒は平べったいので、ちょっと難しい。

f:id:furusato-iiyama:20180718161333p:plain

炭火にかざして遠火でじんわりと焼き、最後は火に近づけて焼き色を付けて仕上げます。

f:id:furusato-iiyama:20180718161525p:plain

f:id:furusato-iiyama:20180718161600p:plain

バターのおいしそうな香りがただよってきました。

パンがしっかり焼けていれば、竹からするっと外れます。ふっくらした焼きたてパン、おいしくないはずがありません! 

夕食前ですが、誘惑に負けてみんなでぱくぱく食べてしまいました。

f:id:furusato-iiyama:20180718161815p:plain

 

戸狩温泉に立ち寄り。あじさい寺を鑑賞

百姓塾では、毎回異なる温泉に立ち寄るのも楽しみのひとつです。今回は戸狩温泉スキー場のそばにある、通年営業の「戸狩温泉 暁の湯」へ。戸狩温泉の日帰り湯は2つあり、もうひとつの「望の湯」は、スキーシーズンのみの営業です。

f:id:furusato-iiyama:20180718162617p:plain

「戸狩温泉 暁の湯」の情報はこちら(信州いいやま観光局)

 

同じく戸狩温泉スキー場のすぐそばにある、あじさいの名所「高源院」にも立ち寄りました。「あじさい寺」と呼ばれ、約1万本ものあじさいを楽しめます。

f:id:furusato-iiyama:20180718162521p:plain

今回はこちらで記念写真を。

f:id:furusato-iiyama:20180718162540p:plain

「高源院(あじさい寺)」の情報はこちら(信州いいやま観光局)

 

翌日は夏野菜を植えた畑の手入れや、旬のブルーベリーの収穫体験を行いました。

 

以上、2018年7月の百姓塾第3回講座レポートでした。

第4回講座は8月4日・5日、第5回講座は9月8日・9日の週末に開催されます。

詳しくは百姓塾2018年版プログラムをご覧ください。

 

長野県飯山市の移住定住サイト「飯山市ふるさと回帰支援センター」サイトはこちら

森に人に、おいしいものにいやされる。飯山で「森林セラピー」してみませんか?

山や森が身近にある、自然豊かなところで暮らしたくて、東京から飯山市に移住してきた地域おこし協力隊Rです。

斑尾高原のブナの森で「森林セラピー」を初体験してきました。

f:id:furusato-iiyama:20180606153304p:plain

森林セラピー」とは?

森林セラピーは、科学的な証拠に裏付けされた森林浴のことで、森を楽しみながらこころと身体の健康維持・増進、病気の予防を行うことを目指すものです。

森の楽しみ方には、森の中で呼吸法やヨガ、アロマテラピー等を組み込んだ心のリラクセーション・プログラム、ウォーキングやノルディックウォーキングの運動を通じた身体のフィットネス・プログラムがあり、ほかにも温泉やヘルシーな郷土料理を楽しめたり、医師と連携して健康相談を行う森もあるそうです。

森林セラピーを楽しめる「森林セラピー基地」と「セラピーロード」は、現地と都会で比較実験を行い、いやしの効果・病気の予防効果が科学的に認められたお墨付きの森で、2006年から認定が始まり、全国に62か所あります。

以上、森林セラピーの総合サイト「森林セラピーソサエティ」から引用して解説しました。

 

飯山市は「森林セラピー基地」第一号のひとつ

長野県飯山市は、日本で最初の森林セラピー基地として2006年に認定されました。なべくら高原や斑尾高原、そして小菅・北竜湖エリアに合わせて30のセラピーロードがあります。

今回参加した森林セラピー体験イベントを企画したのは、飯山の森林セラピーに関わる人たちが集まって活動している「いいやま温森(ぬくもり)の会」。イベントには会のスタッフも含めて40人弱が参加しました。

霧が立ち込める斑尾高原の森を歩きます

午前10時半ごろ、斑尾高原にある赤池のほとりに到着。

バスから降りる際に、今の気分を確認するためのチェックシートが配られました。霧に包まれていて6月だというのに気温も低く、森林セラピー前の気分はいまいちな感じ。

f:id:furusato-iiyama:20180606153117p:plain

「いいやま温森の会」代表の武田民江さん(下の写真の右から2人目)から、「人間も自然の一部です。見る、聞く、嗅ぐ、触る、味わうといった人間の五感を意識して森林のパワーを楽しんでみてください。できれば携帯電話の電源は切ってくださいね」とのお話がありました。

f:id:furusato-iiyama:20180606153134p:plain

全然歩きたくない人から、たくさん歩きたい人まで4つの班に分かれて、各班に森林セラピスト、または森の案内人が同行します。

五感をフル活用して、ブナの森を歩きます

ブナの木々に包まれた森の遊歩道。しっとりと濡れた落ち葉を踏む感触や、みずみずしさを増した新緑の美しさ、そして雨上がりならではの空気を感じながらの森歩き。

いまいちだった気分が徐々にリフレッシュされていきます。

f:id:furusato-iiyama:20180606152721p:plain

 大きな葉っぱのエンレイソウ。花が咲いていました。

f:id:furusato-iiyama:20180606152743p:plain

ブナの森は保水力が高いことで知られています。雨がつたい、全体がしっとりと濡れたブナの幹の質感を見たり、触ったり。

f:id:furusato-iiyama:20180606152811p:plain

そして木にそっと抱きついてみたり。木に手をついてストレッチをしたりもしました。

f:id:furusato-iiyama:20180606152834p:plain

地面にシートを敷いて寝転がると、ブナの枝葉が視界いっぱいに広がりました。目を閉じて、森を五感で感じてみます。風にゆれる枝葉のかすかなざわめきが聞こえてきます。

f:id:furusato-iiyama:20180606152901p:plain

ふたたび歩いているとキノコを発見!

f:id:furusato-iiyama:20180606152925p:plain

コース終盤、ストレッチをしながら森の空気を深呼吸~。なんだかお腹がすいてきましたよ。

f:id:furusato-iiyama:20180606152954p:plain

森の恵みをおいしく味わう。たけのこ汁がふるまわれました

森林を「味わう」ということで、飯山食生活改善推進協議会の会員さんが作った「たけのこ汁」がふるまわれました。

たけのこ汁は、雪国特有の「根曲がり竹」と呼ばれる笹のたけのこと、サバの水煮缶で作った味噌汁です。北信地域独特の組み合わせなのだそう。飯山にあるスーパーに入ると、サバ缶がどっさり積んであるので驚きますよ。

f:id:furusato-iiyama:20180606153014p:plain

ケーナやギターの演奏や歌を披露される人もいて、みんなで楽しい時間を過ごしているうちに霧が晴れて青空になりました! 

f:id:furusato-iiyama:20180606153043p:plain

空も気分も、雨模様から晴れに変化していきます。

帰りのバスでは「森林セラピーって、こんないいことやってたんだ。また来たいな」という声が聞こえました。

移住すれば毎日がセラピー⁉

今回の森林セラピー体験は、飯山の森林だけではなく、空気や水、旬のおいしい食べ物、ガイドや参加者といった人とのふれあい、すべてがセラピーだったなぁ、と思いました。

北陸新幹線飯山駅が開業してアクセスも便利になりました。
「都会に疲れたかも…」という方、飯山にいやされに来てみませんか? 

 

飯山の森林セラピー関連リンク

なべくら高原 森の家

森林セラピー基地いいやまのメインセンター。長期滞在に対応できるコテージがあり、森林セラピーロードとブナ林が隣接しています

 

飯山旅々。信州いいやま旅のプラン 森林セラピー特集

森林ヨガが楽しめる日帰りプランや「森林セラピーハイク&ハンモックの森 星空焚火ナイト」1泊2日プランなど、森林セラピーが体験できるツアーをご紹介

 

森林セラピー基地いいやま

飯山市森林セラピー総合サイト

 

「いいやま温森の会」よりお知らせ

飯山の森で森林セラピーを取り入れた活動などを行っている「いいやま温森の会」ではただいま会員を募集中です。

また、2018年9月28日に市外在住の重度心身障がい者とその家族を飯山にお迎えして一緒に森を歩きます。ボランティアおよびケア付き観光に関心があり、一緒に歩いてくださる方も募集しています。

問い合わせ先:050-1277-1380 こころサポートステーションこの葉 武田まで