いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

裸足で田植え、ヨモギで草餅づくり。2018年の飯山市百姓塾がはじまりました

農業体験をしたい方や田舎暮らしで家庭菜園をしたい方などを対象に、飯山市で開催している「百姓塾」。今年で12年目を迎えました。5〜11月まで毎月1回、1泊2日で合計7講座のプログラムです。

長野県最北部の豪雪地帯に位置する飯山市は、豊富な雪解け水と、山々に囲まれた盆地特有の昼夜の寒暖差で、全国トップクラスのおいしいコシヒカリが育まれる地域でもあります。

そんな飯山の百姓塾第1回講座は、今年も5月の田植えからはじまりました。

f:id:furusato-iiyama:20180529172528p:plain

百姓塾に毎年参加されているリピーターの方や、飯山市への移住を検討中のご家族、そして「はじめての田植えを体験してみたい!」という方など、合計18名の方にご参加いただきました。

雨で田植えを翌日に延期。おかげですばらしい快晴に!

田植えは1日目の午後に行う予定でしたが、天気予報通りに雨が降りはじめ、しかもこの日の最高気温は13度という低温だったため延期することに。

そして翌朝。普段はシルエットしか見えない遠くの山々の尾根や谷まで見えるほどに澄んだ空気と、青い空に恵まれたすばらしい天気になりました!

f:id:furusato-iiyama:20180525152918p:plain

田植えは手植えで行います。裸足で田んぼへ入ります。

初めての人もそうでもない人も、ひやっとした感触と、ずぶずぶと田んぼに足が沈んでいく感覚に、ちょっと体が緊張しているようですね。

f:id:furusato-iiyama:20180525153014p:plain

田んぼに投げ入れられた苗の束を拾いながら、一人3列ずつ担当して植えていきます。

今回は生後2か月の赤ちゃんや、元気にかけ回る小学二年生も参加してくれました。「参加者の平均年齢がぐっと下がったね(笑)」なんて声も。

f:id:furusato-iiyama:20180525153032p:plain

1時間程度で田植えは終了。水路を流れる冷たい水で泥だらけの脚を洗い、田んぼの周辺で野生のセリを摘んだり、フキを採ったりしながら宿に戻ります。

みんなで摘んだヨモギで草餅づくり

春の訪れを告げるヨモギ。田植えの後は草餅を作りました。前日にみんなで摘んだヨモギをゆでてやわらかくしてペースト状にしたものを、もち米に入れて五分づきの餅にします。

f:id:furusato-iiyama:20180529170218p:plain

軽く握って自家製あんこの鍋に投入。あんこをからめてできあがりです。

f:id:furusato-iiyama:20180529170311p:plain

ヨモギの香りと五分づきのもち米の食感、そして、あんこの組み合わせが最高です。あんこをおかわりする人が続出!

f:id:furusato-iiyama:20180529170244p:plain

忙しい時期に大鍋で作る「田植え煮物」

もう一品、郷土料理をご紹介。こちらは夕食に出された「田植え煮物」です。

f:id:furusato-iiyama:20180529170348p:plain

田植えの忙しい時期に大量に作り、温めなおしながら食べるそうです。「凍み大根」(もちろん自家製)は煮るとたくさんの水分を含むことから、“田んぼの水に困らない”ということで使われているそうです。

以上、5月の百姓塾第1回講座レポートでした。

第2回講座は6月9日・10日。第3回講座は7月7日・8日に開催されます。

詳しくは百姓塾2018年版プログラムをご覧ください。

 

長野県飯山市の移住定住サイト「飯山市ふるさと回帰支援センター」サイトはこちら

収穫して食べて納得のおいしさ! 飯山産の極上アスパラガス

雪国飯山で、菜の花の季節が終わるころから出回りはじめるアスパラガス。春の訪れを感じさせる野菜のひとつです。

f:id:furusato-iiyama:20180523163458p:plain

聞くところによると、アスパラは90%以上が水分なのだそう。

飯山は豪雪地帯ゆえ雪解け水が豊富。冬の間、雪の下でゆっくり休んでいた畑で、ミネラルたっぷりの地下水を吸い上げて育った飯山のアスパラ…おいしくないはずがありません!

そんな極上のアスパラをベストな状態で味わいたい! ということで、朝の8時にアスパラ畑に行って収穫体験をしてきました。

旬の5~6月は「アスパラの奴隷です」

飯山のアスパラの旬は5~6月「毎年この時期はアスパラ畑につきっきりで、まるでアスパラの奴隷です(笑)」と言うのは、飯山市内でアスパラを育てている服部農園の服部秀人さん。

f:id:furusato-iiyama:20180523163615p:plain

アスパラ畑はこんな感じで、畝(うね)に沿って緑色の支柱が立っているのが特徴です。アスパラは地面から一本ずつ、にょきっと生えています。

ちなみにこのアスパラ畑がある場所は、冬場は2メートルもの積雪があるところなんですよ。

アスパラ専用鎌あります!

今回は専用の鎌「アスパラ切 細」を使って収穫します。アスパラ専用の鎌があるとは驚き。

f:id:furusato-iiyama:20180523163718p:plain

アスパラの隣に鎌を立てます。赤い矢印が指している部分に溝があるのですが、それ以上の長さがあるものは収穫してもよいとのこと。

f:id:furusato-iiyama:20180523163656p:plain

水分が多いのでやわらかく、難なく切れました。切り口から水分があふれだしてきます。

f:id:furusato-iiyama:20180523164022p:plain

収穫したアスパラをお持ち帰り用に計量中。つやつやしていて、おいしそう~ですね。

f:id:furusato-iiyama:20180523164546p:plain

畑でゆでてアスパラを試食

軽トラに積んであったガスコンロと鍋で、早朝に採ったアスパラをでゆでて試食させてもらいました。塩を振っていただきます。

f:id:furusato-iiyama:20180523171124p:plain

埼玉県から収穫体験に来ていたご夫婦から「甘い!」「やわらかい!」との声が。

新鮮なアスパラガスは、噛むと口の中でじゅわっと甘味のある水分が出てくるのが分かります。

アスパラから発見されたというアミノ酸の一種「アスパラギン酸」は疲労回復効果もあるそうなので、食べると元気になれそうなのもうれしいポイントです。

家に持ち帰ってさっそく調理

一本丸ごとバターでソテーしたり、飯山市のブランド豚「北信州みゆきポーク」の肉巻きにしたりしていただきました。

90%以上が水分とはいえ、切り口が1センチ以上もある太いアスパラは食べ応えがあります!

f:id:furusato-iiyama:20180524145829p:plain

そして、あまった肉巻きをお弁当に入れて翌日も食べたのですが、その時点でも水分たっぷりでやわらかいのでびっくり! 飯山産アスパラ恐るべし、です。

 

このおいしさは、実際に食べてみないと分かりませんよ!
飯山で採りたてのアスパラガスをぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

◆野菜収穫体験などのお申し込みは「信州いいやま観光局」まで

信州いいやま観光局では、アスパラの旬の時期に「アスパラ収穫体験ができる宿泊プラン」をご用意しています。「5月のベストな時期に収穫体験をしてもらいたい」との思いから、2018年のプランは残念ながらすでに終了していますが、ほかにも「夏野菜の収穫体験プラン」などもご用意していますので、「飯山旅々。」のトップページからチェックしてみてください。

飯山旅々。信州いいやま旅のプラン「アスパラ」特集

飯山旅々。信州いいやま旅のプラン トップページ

◆アスパラ料理が食べられる「北信州アスパラフェア」6月30日まで開催中

長野県北信地域振興局主催の「北信州アスパラフェア」が2018年6月30日まで開催中です。おいしい旬のアスパラを使ったメニューが、飯山市内では18店舗で食べられます。

参加店舗やメニューについては「おいしい信州ふーど“北信州アスパラフェア2018”特設ページ」をご覧ください。

今回の便利な農作業ツール

スキーのストックだったメタリックなポールの先に鎌を取り付けた自作ツール。「あんまりしゃがまなくてもアスパラが収穫できますよ~」と服部さん。

スキーのストックというのが、飯山らしくていいですね!

f:id:furusato-iiyama:20180523164252p:plain

服部農園では発酵モミガラ堆肥と魚粉有機肥料を使用して、糖度の高い、甘くてジューシーなアスパラを栽培しています。

また、ピロール農法で栽培されたコシヒカリにも定評があり、東洋ライス株式会社による「世界最高米」の原料米に認定(2015年度)されたり、「米・食味分析鑑定コンクール」国際大会で金賞、特別優秀賞を受賞したりしています。飯山市ふるさと納税の返礼品でも人気です。

服部農園のホームページ

飯山市のふるさと納税「悠久のふるさと飯山応援金」

 

飯山市の伝統野菜「坂井芋」の植え付けをお手伝い

あちこちで畑作業している人の姿を見かけるようになった5月の初め、飯山市の伝統野菜であるサトイモ「坂井芋」の植え付けを体験してきました。

今回おじゃましたのは、市の農福連携推進事業として2016年9月に設立された「フジすまいるファーム飯山」が利用している畑です。千曲川河川敷にあります。

f:id:furusato-iiyama:20180508131239p:plain

黒いマルチシートが張られた畝(うね)がきれいに並んでいます。こうやって撮ると、シュールな現代アートのようにも見えますね。

実はこの畑、普段は別の会社が小麦を育てていますが、連作障害を防ぐため数年に一度は別の作物を育てるそうで、今年はフジすまいるファーム飯山が畑を借り受けてサトイモを植えることになりました。

これがサトイモの種芋です。カットされているものもあり、石灰がまぶされて白くなっています。

f:id:furusato-iiyama:20180508131342p:plain

しゃがんで穴を掘ってひとつずつ植え付けるのは大変だなぁ…と思っていたら、便利なツールがありました。緑色の植え付け機!

f:id:furusato-iiyama:20180511111527p:plain

植え付けは二人でペアを組んで作業します

まずはお手本を見せていただきました。一人が植え付け機の先端のくちばしのような部分を、黒いマルチシートが張られた畝に挿し込みます。

その際に横に張り出した棒の先端をマルチシートに突き刺し、小さな穴を開けてておくのを忘れずに。これが均等間隔に芋を植える目印になります。

f:id:furusato-iiyama:20180508131501p:plain

もう一人がくちばし部分に種芋を放り込みます。植え付け機のレバーを寄せるとくちばしが開いて、種芋が程よい深さの穴に植え付けされます。

f:id:furusato-iiyama:20180508164159p:plain

農作業のお手伝いをしていると、このようなかゆいところに手が届く便利なツールに出会うことがよくあって感心してしまいます。

それではやってみましょう。

f:id:furusato-iiyama:20180508165530p:plain

しゃがんで作業しなくていいので、ちょっとは楽なのですが、挿しては芋を放り込み…と、さながら餅つきのように息を合わせていくと、だんだんスピードアップしていき、息が上がってしまいました!

ラクターにも乗ってみました

別の畑でトラクターの運転もさせてもらいました。普通自動車運転免許があればOKとのこと。

初体験です。たくさんあるレバーやペダルの説明をうけ、エンジンをかけると、

ドドドドド!…と、すごい重低音が響きます。

f:id:furusato-iiyama:20180508170244p:plain

自動車の運転もまだまだビギナーの私、おそるおそるゆっくりと発進します。意外とまっすぐに進んでます。

f:id:furusato-iiyama:20180508171415p:plain

ラクターといえばやっぱり赤ですね。いいやま暮らし経験値がまたひとつ上がったような気がします。

f:id:furusato-iiyama:20180508131610p:plain

飯山市の伝統野菜「坂井芋」について

坂井芋は飯山市木島地区の坂井で、江戸時代から栽培されているというサトイモです。千曲川沿いの湿潤で肥沃な砂まじりの土質の畑で栽培される坂井芋は、ねばりが強く味が濃いのが特徴。

河原ということで、もともと水害の多い地帯なのですが、水に強い作物として、この地域で作られ続けているそうです。

長野県が認定する「信州の伝統野菜」76種類のうちのひとつでもあります。

 

植え付けたばかりで気が早いのですが、秋の収穫時期が楽しみです。

 

飯山市の伝統野菜「坂井芋」「常盤牛蒡」を使って郷土料理を作った関連記事はこちら:

農福連携施設「フジすまいるファーム飯山」について

f:id:furusato-iiyama:20180508131733p:plain

“まちと人を耕す”をミッションとして掲げる「フジすまいるファーム飯山」は、飯山市の基幹産業である農業の振興と、障がい者の就労支援を結び付けた農福連携施設です。地域の障がいを持った方などが、農作物の生産、加工、販売等を行っています。

事業所は閉校した旧岡山小学校を利用しています。「地域の人が大切にしているものを使わせてもらっています。地域の方々と交流したり、時にはあたたかく見守ってもらい、こちらも地域のお役に立てればいいなと思っています」と、スタッフの中田恵子さん。

なべくら高原にも農地があり、今年は大根や枝豆を作る予定だそうです。愛媛県にある親会社の株式会社フジはスーパーマーケットを経営していて、そこに作った野菜を送ってもいるそう。

ただいまマイクロバスのドライバーを募集中とのことですので、興味ある方は問い合わせてみてください。

www.fuji-smilefarm-iiyama.jp