いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

夏野菜を収穫してバーベキュー:飯山市百姓塾8月講座[1]

農的な田舎暮らしを体験できる飯山市の「百姓塾」。第4回講座を8月5〜6日に開催し、13名の方々にご参加いただきました。

1日目は夏野菜の収穫からスタート。じゃがいも、トウモロコシ、ピーマン、なす、かぼちゃなどを採りました。

f:id:furusato-iiyama:20170809160836p:plain

 

女衆(おんなしょ)は、手で土をかき分けてじゃがいもを掘り出します。大きいのから小さいのまで、さまざまなサイズが土の中から出てきましたよ。

f:id:furusato-iiyama:20170809160234p:plain

種として植えた芋は、皮だけの姿に…。みんなで種芋に「おつかれさまでした! 」と、声をかけてしまいました。

 

男衆(おとこしょ)は、小動物からの保護用ネットを外してトウモロコシを収穫。跡地には大根を植えることにしました。

f:id:furusato-iiyama:20170809160328p:plain

 

こちらは見た目も涼しげなきゅうりのトンネル。

f:id:furusato-iiyama:20170809160422p:plain

 

蒸し暑いため作業もそこそこにして、湧き水で冷やしたスイカとメロンで休憩タイムです。

f:id:furusato-iiyama:20170809160527p:plain

 

斑尾高原の「まだらおの湯」でリフレッシュした後は、新鮮野菜をバーベキューでいただきます。

トウモロコシは「ピュアホワイト」という品種を収穫しました。今年は天候のせいでちょっと小ぶりだったようですが、かなり甘かったです(ちょっと焼きすぎました)

f:id:furusato-iiyama:20170809162324p:plain

 

採りたての新鮮野菜。しかも自分たちで収穫したものとなれば、おいしさもありがたみも倍増ですね!

すでに飯山市に移住者した方々も交えて、いいやま暮らしの話で盛り上がったバーベキューでした。

f:id:furusato-iiyama:20170809162620p:plain

 

日も暮れてピンク色に染まる西の空。すっかり暗くなると、近隣の北竜湖や木島平村で打ち上がる花火を見ることができました。

f:id:furusato-iiyama:20170809162739p:plain

 

来月9月の百姓塾は、秋野菜の種まき、りんご狩り、豊作を祈る秋祭りの見学など盛りだくさんの内容で予定しています。ぜひご参加ください。

農業の楽しさや大変さ、そして収穫の喜びを味わってみませんか?

農的な田舎暮らしを体験!長野県飯山市「百姓塾」2017年度のプログラムはこちら