いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

秋野菜の種まき、夏野菜の収穫。豊作を祈る秋祭りを見学:飯山市百姓塾9月講座[1]

農的な田舎暮らしを体験できる飯山市の「百姓塾」。第5回講座を9月9〜10日の週末に開催しました。今回は神奈川県から初参加の男性を迎え、13名の方々にご参加いただきました。

今月の田んぼの様子。ずっしり実った稲穂は黄金色に。来月10月の百姓塾では、稲刈りを行う予定です。

f:id:furusato-iiyama:20170919084417p:plain

畑で秋野菜の種まき。そして夏野菜の収穫

昼過ぎにさっそく畑へ。かなり秋めいていた飯山でしたが、この週末は夏が戻ってきたような暑さになりました。

f:id:furusato-iiyama:20170919084536p:plain

今回は秋野菜の種まきを行い、夏野菜を収穫します。

まずはサツマイモの試し掘り。うっそうと茂った葉とツルをかき分けて土を掘ると、立派なサツマイモが出てきました! 本格的な収穫は来月行います。

f:id:furusato-iiyama:20170919084733p:plain

肥料を撒いて畝を作ります。キャベツと白菜の苗を植え、ホウレン草、野沢菜、大根の種をまきました。畑はもう空きスペースがないほど野菜でいっぱいに!

f:id:furusato-iiyama:20170919084830p:plain

夏野菜は、枝豆、ナス、ピーマン、オクラ、ボタンコショウ、カボチャ、金糸瓜(キンシウリ)などを収穫しました。

他にも、間引いた大根は10センチくらいの長さがあり、大根おろしをちょっと作るのにいいサイズ。

こちらは大長ニンジン。細長いので、茎を持って引っこ抜くと折れてしまいます。掘り出すのに苦労しました!(来年は作らないかも!?)

ちなみに、煮込んでみたらゴボウのようなほくほくした食感になりました。

f:id:furusato-iiyama:20170919085820p:plain

ひと通り収穫も終わり、ほっとひと息。

畑の脇の草やぶに頭を突っ込んでいる参加者がいたので声をかけると、ミョウガを採っているとのこと。覗いてみると、大きなミョウガに花が咲いていました。

当たり前ですが、ミョウガにも花が咲くんですね。はじめて見ました。

f:id:furusato-iiyama:20170919085603p:plain

収穫した野菜の一部はその日の夕食いただき、あとはダンボールいっぱいに野菜を詰めて持ち帰ります(すでに飯山に移住した参加者が作った野菜もいただきました!)。

「しばらく野菜は買わなくてよさそうですね(笑)」なんて会話も。

常盤地区の豊作を祈る秋祭りを見学

9月の飯山では五穀豊穰など祈る秋祭りが、市内各地の神社で行われます。お祭り日程表を見たところ、9月第1週の週末は、なんと30か所以上で秋祭りが行われていました。

夜の9時ごろ、常盤地区大倉崎の「常盤神社例大祭」へ向かいます。

f:id:furusato-iiyama:20170919090748p:plain

神社の隣の公民館では、笛や太鼓にあわせて、獅子舞がはじまりました。

f:id:furusato-iiyama:20170919090842p:plain

その後、大きな鳥甲をかぶった、赤い天狗面の猿田彦が登場。

注連縄の前でゆっくりと舞い、最後に松明の火で注連縄に付けられた「おんべ」(御幣[ごへい])を燃やすと、注連縄を刀で切り、松明を振り回しながら勢い良く駆け出していきました。迫力満点です!

f:id:furusato-iiyama:20170919091905p:plain

f:id:furusato-iiyama:20170919091102p:plain

この時点ですでに10時半でしたが、これはまだ祭りの序盤。深夜過ぎまで舞の奉納が続きます。

地域の人々が長年伝え継いできた祭りという文化に触れることができた夜でした。百姓塾も五穀豊穣を祈りましょう。

2日目に続きます。

furusato-iiyama.hatenablog.com

 

農業の楽しさや大変さ、そして収穫の喜びを味わってみませんか?

農的な田舎暮らしを体験!長野県飯山市「百姓塾」2017年度のプログラムはこちら