いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

紅葉のなべくら高原を散策、餅つきを体験:飯山市百姓塾11月講座[2]

百姓塾11月講座2日の朝、なべくら高原方面へ出かけました。橋から見下ろす山の紅葉がきれいでした!

f:id:furusato-iiyama:20171110105225p:plain

f:id:furusato-iiyama:20171110105259p:plain

グリーンツーリズムの拠点施設「なべくら高原 森の家」では、落ち葉が敷き詰められた遊歩道を散策しました。

f:id:furusato-iiyama:20171110105336p:plain

この夏、JR東日本「大人の休日倶楽部」の、テレビCMロケ地にもなっていた森の家。吉永小百合さんがヨガをしていたブナ林で記念写真をしました。

f:id:furusato-iiyama:20171110105359p:plain

石臼で餅つき体験。つきたてのお餅をいただきます

宿に戻って昼食の準備のお手伝い。餅つきが始まりました。石臼でお餅をつきます。

f:id:furusato-iiyama:20171110105427p:plain
つきたてのお餅とあずきあんであんころ餅を作ります。
昼食の雑煮にもお餅を入れました。

f:id:furusato-iiyama:20171110105508p:plain

来年の5月から、いいやまで月1回の田舎暮らし体験をはじめてみませんか?

以上、2017年の飯山市百姓塾のレポートは、5月に東京から飯山に移住してきた地域おこし協力隊Rがお送りしました。

百姓塾で稲作や野菜作りをひと通り体験し、自分たちで手植えした苗が成長して稲穂が実る様子を日々観察し、一粒の種から大きく成長した野菜を自分の手で収穫して手間ひまをかけて調理する、という体験を通じて、あらためて食べ物のありがたみを知り、農家の苦労を少しではありますが実感することができました。

来年2018年の百姓塾は、5月からスタートの予定です。

すでに飯山に移住された方や、リピーターの方々もいらっしゃる百姓塾。また来年も参加者のみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

また、長野県や飯山市への移住を検討されている方や、楽しく気軽に農業や田舎暮らしを体験してみたい方など、新たに百姓塾に参加されたい方も、スタッフ一同お待ちしています!

百姓塾に参加して、仲間を通じて仕事や家を見つけた方もいらっしゃいます。来年の5月から飯山で月1回、1泊2日の田舎暮らし体験をはじめてみてはいかがでしょうか?

2018年の百姓塾の詳細は、決まり次第お知らせします。

 

furusato-iiyama.hatenablog.com