いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

裸足で田植え、ヨモギで草餅づくり。2018年の飯山市百姓塾がはじまりました

農業体験をしたい方や田舎暮らしで家庭菜園をしたい方などを対象に、飯山市で開催している「百姓塾」。今年で12年目を迎えました。5〜11月まで毎月1回、1泊2日で合計7講座のプログラムです。

長野県最北部の豪雪地帯に位置する飯山市は、豊富な雪解け水と、山々に囲まれた盆地特有の昼夜の寒暖差で、全国トップクラスのおいしいコシヒカリが育まれる地域でもあります。

そんな飯山の百姓塾第1回講座は、今年も5月の田植えからはじまりました。

f:id:furusato-iiyama:20180529172528p:plain

百姓塾に毎年参加されているリピーターの方や、飯山市への移住を検討中のご家族、そして「はじめての田植えを体験してみたい!」という方など、合計18名の方にご参加いただきました。

雨で田植えを翌日に延期。おかげですばらしい快晴に!

田植えは1日目の午後に行う予定でしたが、天気予報通りに雨が降りはじめ、しかもこの日の最高気温は13度という低温だったため延期することに。

そして翌朝。普段はシルエットしか見えない遠くの山々の尾根や谷まで見えるほどに澄んだ空気と、青い空に恵まれたすばらしい天気になりました!

f:id:furusato-iiyama:20180525152918p:plain

田植えは手植えで行います。裸足で田んぼへ入ります。

初めての人もそうでもない人も、ひやっとした感触と、ずぶずぶと田んぼに足が沈んでいく感覚に、ちょっと体が緊張しているようですね。

f:id:furusato-iiyama:20180525153014p:plain

田んぼに投げ入れられた苗の束を拾いながら、一人3列ずつ担当して植えていきます。

今回は生後2か月の赤ちゃんや、元気にかけ回る小学二年生も参加してくれました。「参加者の平均年齢がぐっと下がったね(笑)」なんて声も。

f:id:furusato-iiyama:20180525153032p:plain

1時間程度で田植えは終了。水路を流れる冷たい水で泥だらけの脚を洗い、田んぼの周辺で野生のセリを摘んだり、フキを採ったりしながら宿に戻ります。

みんなで摘んだヨモギで草餅づくり

春の訪れを告げるヨモギ。田植えの後は草餅を作りました。前日にみんなで摘んだヨモギをゆでてやわらかくしてペースト状にしたものを、もち米に入れて五分づきの餅にします。

f:id:furusato-iiyama:20180529170218p:plain

軽く握って自家製あんこの鍋に投入。あんこをからめてできあがりです。

f:id:furusato-iiyama:20180529170311p:plain

ヨモギの香りと五分づきのもち米の食感、そして、あんこの組み合わせが最高です。あんこをおかわりする人が続出!

f:id:furusato-iiyama:20180529170244p:plain

忙しい時期に大鍋で作る「田植え煮物」

もう一品、郷土料理をご紹介。こちらは夕食に出された「田植え煮物」です。

f:id:furusato-iiyama:20180529170348p:plain

田植えの忙しい時期に大量に作り、温めなおしながら食べるそうです。「凍み大根」(もちろん自家製)は煮るとたくさんの水分を含むことから、“田んぼの水に困らない”ということで使われているそうです。

以上、5月の百姓塾第1回講座レポートでした。

第2回講座は6月9日・10日。第3回講座は7月7日・8日に開催されます。

詳しくは百姓塾2018年版プログラムをご覧ください。

 

長野県飯山市の移住定住サイト「飯山市ふるさと回帰支援センター」サイトはこちら