いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

旬の野菜だからおいしくてヘルシー! 飯山の郷土料理を作って味わう交流会

お米と野菜がおいしい飯山。新米と一緒に味わいたい飯山の秋の野菜といえば、野沢菜をはじめ、信州の伝統野菜にも認定されているサトイモ「坂井芋」や「常盤牛蒡(ときわごぼう)」があります。

飯山の食文化の伝承や農村生活の発展を目的とし、10月下旬に開催された「ふるさとの味交流会」。主催したのは、市内の複数の女性グループで組織された飯山市農村女性団体連絡会。地元の旬の食材を使った郷土料理講習会の後、市長も参加して昼食懇談会が行われました。5月に東京から飯山市に移住した地域おこし協力隊Rも参加してきました。

おいしく体にもいい“ふるさと薬膳”

料理講習会の特別講師は、戸狩温泉「四季彩の宿かのえ」の女将、庚久美さん。
おいしく体にもいい“ふるさと薬膳”をテーマにしたメニュー「味噌風味のサトイモご飯」「切り干し大根とそば粉のてんじょう焼き」の2品を教えていただきました。

f:id:furusato-iiyama:20171116112859p:plain

庚さんが常備しているという、いろいろな野菜を30~60分ほど煮込んで一晩おいた野菜のスープ「べジブロス」を、水やお出汁の替わりに使って調理します。

ねばりが脳を活性化!「味噌風味のサトイモご飯」

「味噌風味のサトイモご飯」は、サトイモのぬるぬるしたねばりが脳を活性化させるという一品。発酵食品である味噌や、ちりめんじゃこも入れて栄養バランスもばっちりです。

サトイモは、“信州の伝統野菜”として長野県に認定されている飯山市木島地区坂井集落で栽培されている在来品種「坂井芋」。ねばりが強く、味が濃いのが特徴とのこと。

炊飯器に味噌を入れて溶かし、食材を入れてスイッチオン。炊きあがると味噌の存在感は控えめになり、調和のとれた味になりました。

f:id:furusato-iiyama:20171116112930p:plain

ささっと作れる「切り干し大根とそば粉のてんじょう焼き」

「切り干し大根とそば粉のてんじょう焼き」は、水で溶いたそば粉に、さっともどした切り干し大根とねぎ、くるみを加え、食べやすい大きさに焼いたものです。

てんじょう焼きは、ささっと作っておやつに食べたりする料理で、普通は小麦粉を使うそうですが、今回は長野らしい食材使って…ということで、そば粉に変更。

f:id:furusato-iiyama:20171116112956p:plain

ピリッと辛いぼたんこしょう麹をつけていただきます。実はそば粉は身体を冷やす夏の食材なのですが、身体を温める効果がある辛味を追加することで、秋にふさわしい料理となるそうです。

他にも具だくさんの「けんちん汁」を作り、三品完成です!

f:id:furusato-iiyama:20171116113015p:plain

さらに、野菜が余ったので急きょ作ったゴボウとニンジンのサラダや、連絡会のメンバーが持ち寄ったお惣菜がテーブルに並べられました。

f:id:furusato-iiyama:20171116113041p:plain


地元で採れた旬の野菜がたっぷりの、ヘルシーでおいしいふるさとの味をいただきながら、足立市長や市役所の農林課の職員、数年前に飯山に引っ越してきて家庭菜園を始め、今では道の駅に野菜を納品するまでになったという移住者の方も交えて、昼食懇談会がスタートしました。

f:id:furusato-iiyama:20171116113111p:plain

飯山で食べ継がれてきた郷土料理は、飯山だけでなく日本人のふるさとの味でもあるかもしれません。飯山を訪れる人のために、このようなお惣菜を好きなだけ食べられるバイキング形式の食堂を作ってみてはどうか? などといったアイデアも飛び出しました。

そして、“信州の伝統野菜”に認定されている「常盤牛蒡」を加工したゴボウ茶やチップスも紹介されました。ゴボウ茶はあっさりしていて飲みやすく、チップスはうまみが凝縮されていておいしい!

東京にある長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」でも販売されているそうですよ。

飯山のおいしいお米と野菜は、厳しくも豊かな自然の恵み。参加されていた農家のお母さん曰く「めんどくさいことを毎日やっている」農家のおかげで、わたしたちは昔から食べ継がれてきた郷土料理を今もいただくことができるのだなぁ、と思いました。

ごちそうさまでした!

f:id:furusato-iiyama:20171116113159p:plain

 

四季彩の宿かのえ|戸狩温泉 長野県