いいやま住んでみませんか? 長野県飯山市移住定住ブログ

長野県「飯山市ふるさと回帰支援センター」スタッフが、移住定住情報や、いいやま暮らしのあれこれをお届けします。

飯山の水道水は豪雪地帯の自然の恵み。おいしい水を毎日に!

豊かな自然環境を求めて、都会から長野県への移住を考えている方は多いのではないでしょうか? 飯山に移住して1年目の地域おこし協力隊Rもそんな1人でした。
長野なら山が身近にあって、空気もきれいで健康になれそう、と思ったのです。

長野県北部、千曲川が流れる飯山盆地を中心に、周囲を山に囲まれた飯山市
都会と比較して空気がおいしいのは間違いないはず…と思っていましたが、うれしいことに「水道水」もおいしいのです!

f:id:furusato-iiyama:20171205084420p:plain

黒岩山の展望台から飯山盆地を見下ろした風景。思わず深呼吸したくなりますね!

雪解け水が豊富! 飯山の水道水は豪雪地帯の自然の恵み

冬は豪雪地帯としても知られる飯山。周囲の山々の土壌や岩盤中のミネラルが溶け込んだ雪解け水が豊富で、飯山市上水道は複数の地下水と湧水の水源から供給されています。

f:id:furusato-iiyama:20171205093528p:plain

たとえば、市街地を中心とした飯山地区では、斑尾山の「斑尾水源」の地下水や、お隣の木島地区の「木島水源」の湧水、「山岸水源」「其綿水源」の地下水が水道水として供給されています。

浄水施設は各配水池に設置されていますが、元の水質が良いので水道水として最低限必要な塩素滅菌のみ行っているそうです。

蛇口をひねると出てくる良質でおいしい水。そのまま飲んだり、お茶や料理に使ったりはもちろん、その水でおふろに入もれるなんて、ちょっとぜいたくですよね。

「ふるさと創生事業」が転機になり、水源を地下水に切り替え

飯山市の水道水が地下水に変更されたのは平成14年。それまでは千曲川の表流水が上水道に給水されていました。

転機になったのは、平成元年に行われた通称「ふるさと創生事業」でした。地方交付税を受けている市区町村に、使い道自由な1億円が交付されたあの政策です。

全国的に安心・安全な水道水のための高度浄水処理が求められはじめた時代。飯山市ではその資金で新水源の調査・開発に着手したのです。

現在、飯山市内の上水道は、地下水15か所、湧水15か所を水源として供給されています。

いくつかの新水源には、それぞれの地域の特徴から命名された愛称もついています。

 斑尾水源「斑尾深山清水」
 瑞穂水源「城之峰薬師清水」
 外様水源「うぐいす清水」
 太田水源「日光ゆきしみず」

飯山市へ移住をお考えの方。住まい探しの際は上水道の水源に、ちょっとこだわってみるのもいいかもしれませんよ。

そして飯山にお越しの際は、自然の恵みが感じられる、安全でおいしい水道水を、ぜひあじわってみてください。

番外編:信濃平の名水「腹薬の清水」を訪ねる

飯山市屈指の米どころ、野菜どころでもある信濃平に、黒岩山の麓から湧き出る「腹薬の清水」と呼ばれる名水があります。その昔、腹痛で苦しんでいた旅人が、この清水を飲んで治ったことが、その名の由来なのだとか。

f:id:furusato-iiyama:20171205093608p:plain

ちょっとわかりにくい場所にありましたが、この看板が目印になります。

f:id:furusato-iiyama:20171205094211p:plain



近くに目をやると、岩の間からこんこんと水が湧き出していました。ひと口飲んでみると、なんともまろやかなおいしさでした。

f:id:furusato-iiyama:20171205094307p:plain

 腹薬の清水の周辺には、ほかにもいくつかの清水があります。こちらは「出口清水」。

f:id:furusato-iiyama:20171205084821p:plain

清水の周辺は、初冬にもかかわらずシダやコケ類、水草のようなものが茂って緑が多く、水のうるおいを感じました。また夏場に訪れてみたいところです。

腹薬の清水(信越自然郷サイト)